wena wrist + Apple Watch(その6)

いよいよwenawristの一般販売が始まったということで、バッテリー検証にも力が入るってもんだ。というか、バンド単体で2万くらいで売れよ。

それはさておき、前回6/27(月)AM2:00頃フル充電から大体1週間が経過したということで、例の10分間おやすみモード解除の時間帯に、専用アプリを使って確認してみた。

IMG_1315.PNG

んー…


 

1ヶ月は持ちそうにない

1週間で残り55%… 期待していたのと違う…

この1週間、FeliCaでのiD決済は2・3回/日といった感じ。常時おやすみモードなので、BTは1日10分で通知設定も一切無し、活動量計もその10分しか動作していない…はず

FeliCa使用時の消費電力って、携帯電話の電源オフ時の待機電力(iPhoneの充電してくださいよ画面とか)でも動くとどこかで見たが… 実は結構食うのか?

この調子だと、あと1週間でバッテリー残10%前後になるから、やっぱりFeliCaのみ使用でも2週間しか持たない、ということなのか…

流石にFeliCaも使わずに、ってのは検証にならないし、そもそもFeliCa使いたいからこんなまどろっこしいことをしているワケで、、と愚痴っても仕方ないが。とりあえず2週間に1回はあの充電器に頼らないといけないということだな。

IMG_1303

これです


 

通知センターウィジェット

前々回のエントリのコメントで指摘があったが、バッテリーウィジェットにはwenawristは表示されない。おそらくiOS側で、あれに表示されるものはヘッドセットなどの機器に限定されているからだと思われる。BTペアリング機器すべてが表示されるわけではない、と以前どこかで見かけた気もする。

しかし一般販売したとなると、「バッテリー確認するのに、わざわざ専用アプリや謎の電源ボタン3回押しは面倒だな」という声が絶対に上がってくるだろう。なので、普通の人はこのようなものを求めているのではないか、というものをコラとともに妄想してみることにした。

  1. バッテリーウィジェット対応

    先に表示されないと言っておきながらではあるが、一番iOSらしくユーザーに好まれるシンプルなのがこれだろう。BTのバッテリーサービス?プロファイルをwenawristに搭載すれば可能なのではないだろうか。しかし、iOSがヘッドセットやBTスピーカーしか表示しないのであれば意味が無いな。この際、wenawristにA2DPを載せてはどうか。だめか。

    wena_risou1.png

    これはコラですよ

  2. wenaアプリでウィジェット機能追加

    こちらの方が現実的だろうか。あの謎のUIもヘルスケア未統合なのも、おそらくAndroid版を視野に入れての開発費を抑えるためだったのだろうが、そこは是非ユーザー体験を重視してほしい。

    wena_risou2.png

    これもコラですよ

    こんな感じならアプリ側の対応だけで実現できるのではないだろうか。おやすみモード中でも、直近のBTオンのときの最終確認時のバッテリー残量とその時間が分かれば十分だろう。

広告
カテゴリー: Apple Watch

コメントを残す(メールアドレス・名前は省略可)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

プロフィール


jioeです。
Liveスペースではnoという名前になってました。
noて

カレンダー
2016年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
アーカイブ
カテゴリー
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。